インクルージョンはルビーの中の小宇宙

天然無処理のルビーには、

天然無処理の痕跡があります。

 

その特徴が「インクルージョン(内包物)」。

まるで小さな宇宙のような、キラキラした世界が広がっています。

一方で、一般的なルビーは加熱処理がなされ、以下のようになってしまいます。

一方で、美しさの改良を目的とした加熱処理がされるとルビーのインクルージョンは下の写真のように熱によって変化してしまいます。

(このインクルージョンの加熱による変化は、処理の有無を判定する時の重要な手がかりです)

上が、加熱前のルビーのインクルージョン。

下が、加熱後のルビーのインクルージョン。

 

インクルージョンがやけどをしたように変化しています。

カルシウムの結晶と思われるインクルージョンの周りにある輪のようなものは、

熱により結晶が膨張し、ひび割れができた状態です。ルーペを覗いてみたら痛々しい感じがします。

 

*加熱処理の目的

人為的な加熱処理の目的は、そのままでは宝石として使えない黒っぽい原石を加熱処理することで品質の改良を行うことです。

 

*天然無処理ルビーだけをお届けする理由

私たちミューが、天然無処理のルビーだけをお届けする理由は、

100年後も初めて手にした時と同じ希少なルビーであって欲しいから。

人為的に美しいモノを作りだすことは、

120年前に人工合成したルビー(現在は宝石とは呼ばない)をルビーと呼んで販売したことと同じで、

いつか数が増えすぎて宝石としての価値が低下してしまうことが考えられるからです。

 

すべてのミューのルビーには、インクルージョンの顕微鏡拡大写真を添付した品質保証書が付いています。